伝統構法

100年先でも安心の「伝統構法」について

近代の日本では地震の災害被害が多く、いかに耐震性があるかが重視されてきています。
そんなニーズに合っているのが伝統構法。
伝統構法の家づくりには、木組みや木栓、貫等で粘り強い柔構造で家の倒壊を防ぐ特徴があります。
伝統工法を用いた歴史的建造物(寺院や城)も数多くあります。

また修繕が可能なため、100年先でも住まい手を守ります。
数値化できない居心地の良さも独特で、国産材を使うことで循環させ、また自然に還る家づくりも意識しています。

特に近年では、伝統技術が急速に衰退し、できる大工が極端に少ないため、それを失わさないことも課題として取り組んでいます。

そんな伝統構法を大切にしながら、何より大工として、技術を高め、それを発揮することこそ面白く、想いのこもった家づくりに繋がっていると思います。

株式会社仮谷工務店は循環型の仕組みを意識しており、できるだけ建物が建つ地域の地場産材の活用を心掛がけています。
自分の住んでいる土地になるべく近い森の木を選ぶことで、地元の林業を応援し、輸送などにかかるエネルギーやコストを抑えることができます。

 

■伝統構法について

【1】手刻み (てきざみ)
「刻み(きざみ)」とは、「ノミ」や「カンナ」等の道具により木材に穴を開けたり、切り欠きを作ったりして、木材を単なる「素材」から、建物を構成する「部材」にする作業のことです。この作業を、大工職人が手作業で行うことを「手刻み(てきざみ)」と呼びます。
手刻みの場合、構造材には天然乾燥の木材を使用し、大工職人が木の癖を見て、適材適所で組み合わせを考えて作ります。木材には個性があり、一つとして同じ木材はありません。その木材の癖を見極め、複雑な仕口にも対応できることが「手刻み(てきざみ)」のメリットです。

【2】貫構法 (ぬきこうほう)
貫(ぬき)とは、柱を貫通して通す水平方向の部材のことです。貫は、土壁の下地の役割と、家が倒れることを防ぐ役割を持っています。
また、金物(釘・ボルト・プレートなど)をなるべく使わない工法ですので、腐りや錆などが少なく、家全体の耐用年数も非常に優れています

【3】土壁 (つちかべ)
土壁(つちかべ)とは、文字通り、土で作った壁のことで、高温多湿の日本の気候風土に適しています。
柱と柱の間に竹小舞(たけこまい)を編み、そこに泥を付けて作ります。室内温度が外気の影響を受けにくく、室内温度の急激な変化を押さえてくれます。また、耐火性・断熱性が高く、吸音性や遮音性にも優れています。

【4】板倉 (いたくら)
板倉(いたくら)とは、柱と柱の間に板をはめ込んで造る構法のことです。この板倉は、古くから神社や穀倉などでよく用いられてきました。
板倉の大きな特徴として、室内環境の快適さが挙げられます。木材、特に板倉構法によく使用される杉板は、多くの空気を含んでいるので、柔らかく、吸放湿性能に優れ、断熱性能を備えています。
また、構造的にも優れており、地震などの外力に対しては貫構法と同様に、木材同士のめり込みで抵抗する粘り強い構法です。

 

■伝統構法ののメリット

【1】夏を快適に過ごす昔の人の工夫を学べます
【2】地震に耐えるための免震的構造
【3】地産地消の循環型建築
【4】化学物質の含まれていない自然素材なので安心
【5】複雑な仕口にも対応できる
【6】家族の集いを促し、家族団欒を重視する住宅
【7】家族構成やライフステージの変化によって、住まい方を変えることができる

【電話】090-5059-8721
【営業時間】9:00~17:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫ 
【対応エリア】 大阪市を中心に全国各地へ対応可能

一覧ページに戻る