屋根断熱・気密施工

屋根下の勾配天井になる部分の仕舞です。

屋根垂木の間に通気のパッキンを敷き詰め、通気層を確保します。

次に、断熱材を二重に入れ、200㎜以上の断熱層になりました。

中々の厚みです。

丸裸のグラスウールなので、チクチクした痒みが付いて回ります。

断熱材を入れ終わったら、シートを施工し、防湿、気密をとれるようにします。

高気密、高断熱のお家なので、1つ1つの工程を慎重にし、空気が漏れないように手間暇をかけます。次は気密試験です!


一覧ページに戻る